Marina Business

 一般的にはあまり知られていませんが、本邦マリーナは、特に1970年代初頭にかけて大幅な整備・建造が進められました。
同期間の凡そ5年間で、その数、公共・民間で合わせ200超施設であり、この200箇所超のマリーナは、開業から50年が経過しました。

 そして、この50年間に於けるマリーナ業界の大きな変化の1つとして、船舶の大型化が挙げられます。
50年前では大型艇と呼ばれていた30FTのモーターボートは、今では小型艇に分類されます。
近年ではメガヨットと呼ばれる80FTを超える船や、中にはスーパーヨットと呼ばれる150FTを超える船の登場など、
世界のプレジャーボート市場は大型艇の需要が活性化しています。

 一方、当然のことではありますが、この50年という年月の経過は、本邦施設の老朽化も招きました。
船の大型化と施設の老朽化。こうした事業環境変化を踏まえ、仮に大型艇への対応を兼ねた施設のリニューアルを行い、今後を見据えた事業展開を検討するにあたっては、

「ターゲットにする船のサイズは?」
「新しく受入れる船舶の保管料金はどう設定すればいいのか?」
「リニューアルに伴う工事費は?」
「金融機関への事業計画書の作成はどうすれば?」  

等々、技術面、収益・コスト、ファイナンスといった無数の事項を、多面的に検証して進めていく必要性があると理解しております。

ブライトエナジーのマリーナ事業

ブライトエナジーは、マリーナ事業に20年超従事したプロフェッショナルによる提案力と、それを確実に実行せしめる財務・会計、また法務面でのバックアップを伴った複合サービスを、提供することが出来ます。


【具体的例】
・係留施設のリニューアルの検討
・業者選定の相談
・施設のメンテナンスの相談
・リニューアル後の経営シミュレーション等々

親身に・すばやく・効率的にお手伝いさせて頂きます。

~ご相談から契約までの流れ⚓~

  \ざっくりとしたご要望でも構いません マリーナ運営で抱えているお悩みもお聞かせください/

①ヒアリング(お悩み・ご要望・ご予算・工事の時期など)

  マリーナの図面や設備などの資料がお手元にご用意頂けると、よりスムーズです 
  図面がお手元にない場合はマリーナ現況測量の経験豊かな測量会社による既存施設の測量も承ります

②簡単な現地調査(工事の実現性・必要となる設備などを確認)

③見積り契約

④実行 ・ご提案

  お客様にとって最適なリニューアルプラン及び概算工事費をご提案

アフターサービス(ご希望の方のみ)

・リニューアル後の経営シミュレーションのご提示
・マリーナ設備のメンテナンス経験が豊富な業者をご紹介