DPRアクティブシステム

 ディーゼルトラックは構造上、有害排出ガスの発生が避けられませんが、PMやNOxといったものを除去・低減させる為に、触媒フィルターが搭載されています。

 これまでは定期的な交換という対処が主たる解決方法でしたが、Userである運送業者には高額なコスト負担となる為、悩みの種となっています。

 千葉の老舗整備会社であるエフテック社の森社長が何とか交換せずにメンテナンスする方法がないかと考え、長年かけて考案したのが、DPRアクティブシステムです。 

 「壊れてから直す」が当たり前の産業で「予防メンテナンス」や「廃棄せずに再生させる」という森社長のコンセプトに共感した当社は、2019年4月よりマーケティング活動を一手に引き受けさせて頂いております。

 開発・製造者であるエフテック社は年間数千台の車両を取り扱う整備会社であり、同社の多大なる知見と熱意でシステム・製品開発まで辿り着く事が出来ました。ただし、世の中に浸透していない本サービスをどのようなコンセプトで・どのような顧客層にマーケティングしていくのか、またその定量メリットをどのように指し示すことができるのか、といった点で悩んだ結果、当社を必要として頂けました。当社は整備の現場にも入り、整備士さんとオペレーションに入らせて頂く事でその価値や意義を肌で理解し、二人三脚で事業を展開させて頂いております。

 本システムの歴史はこれから大きく発展していく段階まで辿り着き、実例・経験を踏まえた改良施策・付属品開発が順次整ってきております。そのフェーズの中でも、常に更なる製品・サービスの向上を目指し、共に試行錯誤し、Userである運送事業者の皆様の安全・安心な車両運行とコスト削減、また不適切な排出ガス発生を防ぐために、パートナーシップを組み日々尽力しております。